シチリア島 北西部自然に佇む静かなアグリトゥーリズモ2007

初めてここに来たのは2006年3月だった 
雄大な自然に佇むアグリ 環境と佇まいに感動した
IMG_1002
当時はナビの性能も良くなく 標識もなく 道を聞く人もいない状態でドライバーが
苦労していたのを思い出す
IMG_1024
2007年10月に今度は宿泊を兼ねて訪れた 思った通りのところだった
時間に束縛されない旅にぴったりの環境
IMG_0993
秋色が美しかった
IMG_1005
敷地内ではオリーブの収穫をしていた
IMG_1010
翌年も6月にスケッチ旅行で3泊した その後は宿泊せずに食事とスケッチで日帰り旅行で一度訪れた 随分ご無沙汰している そろそろ再訪したいところの一つだ 愛犬とオーナーのこのシーンが大好きだ 
IMG_1016
これを表紙に近い将来ツアーを作りたい~


リグーリアの山岳都市2007年

毎年夏休みを利用して単身ツアーの下見や新規開拓をしている ちょうどデジカメ片手に出かけ始めたのがこのころ この時は南イタリア・バジリカータ州のとあるアグリと北イタリアのリグーリアの山岳都市を訪ねた バリジカータの心温まる家族とわかれて リグーリアの村の宿についた
153triora della terazza
明るい南イタリアの家族と過ごした3日間から 北イタリアの村は静かで 生い茂る栗林がなにもかも飲み込むような重さを感じ ホテルの部屋にはテレビもなく孤独を感じた ホテルの夕食のテーブル 私一人のテーブルに蝋燭が用意された ここにいると気持ちが楽になった
182un tavolo di cena triora
ホテルのレストランとテラスはこんな感じ 開放感がある 山を覆う緑が濃くて 南イタリアでの明るい家族との別れの後だけに重~く感じた
243un tavolo per la cena albergo triora
運転免許がない私は一人旅のときは もっぱら列車 バス タクシー場合によっては宿のオーナーの送迎となる
ここに3泊して路線バスであちこちでかけた 路線バスでは何度も失敗しているが このときも乗るはずのバスが私の前を通過し 止む無く大金をはたいてタクシーを利用した ここは隣村
195badalucco
初めての場所につくと 私はいたって元気になる 好奇心が赴くままに高台へ行き
路地をくまなく歩く
221badalucco
リグーリアの山岳都市はトンネル道が非常に多い
212badalucco
昼食前の食前酒タイムが私は大好きだ
プロセッコで喉を潤し お昼は何にしようかな~と思いを馳せる時間!
230 un riposo con prosecco
ホテルに戻り 夕食前にまたでかけた 自然豊かな場所 昨日の感傷的な気持ちはいつしか払拭されていた
181chiessa s.vernardino
翌年と翌々年 この村に3泊ずつした スケッチ 写真 散策にお薦めだ



赤坂孝史先生と行くフランス南端ピレネー山脈スケッチの旅5

ユネスコの世界遺産に登録されている町 
2日目の午前は城壁の中のロケから始まった
WIN_20180605_15_51_19_Pro
薔薇が美しい~
WIN_20180605_16_08_42_Pro
城壁から下町をみる
WIN_20180605_16_15_27_Pro
ロケの後はスケッチしたり ミディ運河クルーズをしたり~
WIN_20180605_18_13_58_Pro
夕食前に絵の講評会
WIN_20180606_00_32_49_Pro
今日は午後から雨の予定だったが 幸いにも天気に恵まれた 講評会が始まると
雷雨になった いつもお天気に恵まれている!!明日は午後ここを出発して最後の滞在先に向かう 楽しい時間はあっという間に過ぎる~

ギャラリー
  • シチリア島 北西部自然に佇む静かなアグリトゥーリズモ2007
  • シチリア島 北西部自然に佇む静かなアグリトゥーリズモ2007
  • シチリア島 北西部自然に佇む静かなアグリトゥーリズモ2007
  • シチリア島 北西部自然に佇む静かなアグリトゥーリズモ2007
  • シチリア島 北西部自然に佇む静かなアグリトゥーリズモ2007
  • シチリア島 北西部自然に佇む静かなアグリトゥーリズモ2007
  • リグーリアの山岳都市2007年
  • リグーリアの山岳都市2007年
  • リグーリアの山岳都市2007年
カテゴリー